Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

博報堂、年代別に携帯電話の利用実態を調査


 博報堂研究開発局、博報堂DYメディアパートナーズi-メディア局は、携帯電話でインターネットを利用しているユーザーを対象に、年代層による利用実態を調査し結果を明らかにした。

 調査は15歳〜49歳の男女1,451名を対象に行なわれた。全体では、10〜20代は30〜40代と比較して生活シーンの全般で携帯電話を利用している割合が高い結果となった。

 10〜20代に対し、携帯電話をよく使うシーンについて尋ねると、「就寝直前」が66.2%でトップとなり、「自宅での休養中」(66.0%)「待ち合わせ中」(58.1%)と続いた。

 「自宅での休養中」における利用内容については、10〜20代、30〜40代ともに「メール」が最多となった。10〜20代では「ブログ・SNSなど」(33.9%)、「ゲーム」(33.7%)の利用率も高く、「通話」(31.2%)を上回る結果となった。

 「することがなくて暇な時、何をするか」という問いにはいずれの年代でも「テレビを見る」がトップだった。10〜20代では「ケータイでメール」が54.0%と過半数でテレビの視聴に迫る結果となった。また、テレビ視聴中に携帯電話で検索を行なった経験については、10〜20代の50.6%が「検索を行なったことがある」と回答しており、情報収集の手段として携帯電話を活用している様子が伺える結果になっている。

 恋人への相談でも、10〜20代では「メールで相談する」(58.4%)が「直接会って相談する」(54.1%)を上回る結果となり、レポートでは10〜20代における携帯電話への関心・依存度の高さが、上の世代よりはるかに強いとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/2007/20070423.html


( 太田亮三 )
2007/04/24 17:35

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.