Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ISP変えずに「BBフォン」を使える「BBコミュニケーター」


BBコミュニケーターの概要

ソフトバンクBB技術統括コミュニケーション・ネットワーク本部 副本部長の野田真氏
 ソフトバンクBBは18日、電話サービスとメールやスケジューラなどのアプリケーションを組み合わせたサービス「BBコミュニケーター」のトライアル提供を開始した。初期設定費は無料、月額基本料は315円。利用するには専用ブロードバンドルータが必要となる。

 BBコミュニケーターは、050番号による電話発着信や転送電話、ボイスメール、テレビ電話などの音声コミュニケーションと、メールやスケジュール管理、アドレスブックなどのアプリケーションを連動させたサービス。現在加入しているISPを変更せずに、IP電話サービス「BBフォン」で提供しているサービスなどを利用できる。同社技術統括コミュニケーション・ネットワーク本部 副本部長の野田真氏は、「電話サービスだけでなく、メールやチャットなどのアプリケーションをロケーションにかかわらず使えることが特徴」と説明する。

 音声通話では、BBコミュニケーターの加入者同士だけでなく、481万を超えるBBフォンユーザーとの無料通話が可能。一般加入電話や携帯電話への通話は、BBフォンの基本料金(一般加入電話は8.3895円/3分、携帯電話は8:00〜23:00が26.25円/分、23:00〜8:00が21円/分)と同じ。7月中旬に提供予定の「フォンアプリ」を利用すれば、PCからも電話やチャットを行なえる。フォンアプリの対応OSはWindows XP/2000。

 アプリケーションについては、Webブラウザ経由でメール(アカウント毎に1アドレス付与)やアドレスブック、スケジューラ、プレゼンスを利用できる。これらはASP形式で提供されるため、ソフトバンクBB側でウイルス・スパムメールをチェックするほか、音声・チャットの通信をVPNで暗号化する。また、9月以降に提供予定の携帯電話版Javaアプリを用いれば、携帯電話からもこれらのサービスを利用できる。

 このほか、USBメモリにBBコミュニケーターの設定を保存し、外出先からも同サービスを利用可能にする「USBフォン」を8月初旬から提供する予定。USBフォンは、インターネット環境のPCに接続するだけで、自宅以外のPCからもBBコミュニケーターを利用可能にする。USBフォンの価格は「数千円」(ソフトバンクBB広報)という。

 BBコミュニケーターで必要なブロードバンドルータは、IEEE 802.11b/gに準拠。販売価格は、12,000〜13,000円前後の予定。ただし、6月18日から7月31日までのトライアル期間中は、先着500名に無償提供する。さらに、同期間は月額基本料金と050番号の変更が無料。なお、トライアルサービスの申し込み期限は7月18日まで。無料トライアル申し込み者は、8月1日に正式サービスへ移行されるが、3カ月間は基本料が無料となる。

 野田氏は、「これまでBBフォンは、『Yahoo! BB』加入者だけしか利用できなかった。今回、他のISP加入者にもBBフォンのサービスを提供することで、IP電話部分の収益拡大を図る」と狙いを説明する。サービスの対象は、Yahoo! BB会員を除くブロードバンド世帯としており、現在のYahoo! BB加入者数と同じ約500万世帯を目標に普及を図るという。


BBコミュニケーター同士のほか、BBフォン加入者との無料通話が可能 現在利用中のプロバイダーを変更せずに申し込める

050番号が付与される。ソフトフォンを使えば、PCからも050番号による発着信が可能に フォンアプリの画面イメージ

メールやスケジューラー、アドレスブックなどのアプリケーションも利用できる アクセス場所を問わずにアプリケーションを利用できる

関連情報

URL
  ソフトバンクBB
  http://www.softbankbb.co.jp/


( 増田 覚 )
2007/06/18 14:29

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.