Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「MS07-047」適用後にWMPでSWFファイルを開けない事象が発生


 マイクロソフトは20日、8月の月例セキュリティ修正プログラム(パッチ)として公開した「MS07-047」を適用すると、「Windows Media Player」でSWFファイルを開けない事象が発生すると発表した。この問題を回避するには、最新の「Adobe Flash Player」をインストールする必要がある。

 MS07-047は、Windows Media Playerにおいて、リモートでコードが実行される脆弱性を修正するパッチ。同社によれば、MS07-047を適用後、Windows Media PlayerでSWFファイルを開くと、「Macromedia Flash Player の更新されたバージョンをインストールする必要があります」というメッセージが表示されるという。

 対象となるWindows Media Playerは、バージョン11/10/9/7.1。


関連情報

URL
  技術情報
  http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B941197
  [MS07-047] Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される
  http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B936782

関連記事
マイクロソフト、8月の月例パッチ9件を公開〜緊急6件、重要3件(2007/08/15)


( 増田 覚 )
2007/08/23 12:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.