Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

過去1年で最も利用時間が増えたサイトはGoogle〜日経リサーチ調べ


 日経リサーチは22日、Webサイトの利用動向調査の結果を公表した。調査は6月14日から19日まで、16歳から69歳までの男女5,079人を対象に実施した。過去1年間における利用時間での変化については、Googleや楽天が増加していることがわかった。

 過去1カ月に利用したWebサイトでは、Yahoo!がトップで90.4%。2位のGoogle(61.3%)や3位の楽天(42.8%)を引き離した。一方、過去1年間で利用している時間が増えたWebサイトでは、トップがGoogleで36.5%、次いで楽天が34.0%で2位となった。直近1カ月で利用者が最も多かったYahoo!は24.3%で、Infoseek(25.4%)やNIKKEI NET(24.3%)とほぼ同じだった。

 また、1年間で利用が「増えた」人から「減った」人を引いた数値でも、Yahoo!が17.3ポイントに対し、Googleが31.7ポイント、楽天が25.5ポイントでYahoo!を上回った。反対に、MSN(-1.4ポイント)やexcite(-4.9ポイント)は、「減った」が「増えた」を上回る結果となった。


直近1カ月に利用したサイト(左)と過去1年間での利用時間の増減(右)

関連情報

URL
  ニュースリリース
  https://datasignal.nikkei-r.co.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=59

関連記事
ヤフーの利用時間は6年で25倍に増加、ネットレイティングス調査(2007/03/12)


( 増田 覚 )
2007/08/23 19:07

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.