Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

IE7日本語版の自動更新による配布開始は2008年以降?


 マイクロソフトは、同社のWebサイト「TechNet」において、Internet Explorer 7(IE7)の日本語版をWindowsの自動更新で配布開始する時期が2008年以降になることを公表した。しかし、この件について同社広報に問い合わせたところ、「配布時期はまだ検討中というのが正式見解」だという。同社広報では、「企業ユーザーからのフィードバックを受けて配布時期を判断する」という理由から、自動配布の開始時期を検討中と話している。

 IE7日本語版の自動更新による配布時期について、これまでマイクロソフトでは2007年第3四半期(7〜9月)を目標として掲げていた。それが今回TechNetでは、日本語のほか韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語、ヘブライ語のIE7は、「2008年以降(詳細な予定日は後日公開)」という表現に変更されていた。

 なお、一部の企業ユーザーの間では9月26日から自動更新による配布が開始するという情報が飛び交っていた模様だが、マイクロソフトでは「正式な配布時期は検討中」とした上で、第3四半期中の配布開始はないことを認めた。

 マイクロソフトでは「いきなり1週間後に自動配布を開始するといった急なアナウンスはしない。自動配布開始までに十分なリードタイムを設けて、ユーザーが対応を取れるようする」とコメントしている。


関連情報

URL
  Internet Explorer 7 の自動更新による配布
  http://www.microsoft.com/japan/technet/updatemanagement/windowsupdate/ie7announcement.mspx

関連記事
IE7の自動更新による配布は一部ユーザーから段階的に、日本語版は半年後(2006/11/14)
自動更新が適用される前に、IE 7環境を見直しておこう(2007/09/04)


( 増田 覚 )
2007/09/03 16:54

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.