Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

バッファロー、指紋認証USBメモリ「RUF2-FS」にウイルス混入


 バッファローは10日、同社が販売するスライド式センサー搭載の指紋認証USBフラッシュメモリ「RUF2-FS」シリーズの一部製品に、ウイルスが混入している可能性があることを明らかにした。同社では直ちに該当製品の使用を中止し、ウイルス混入の有無を確認してほしいとしている。

 RUF2-FSシリーズは、ラインセンサーによる指紋認証機能を搭載したUSBメモリ。ウイルス混入の恐れがあるのは、保存容量512MBの「RUF2-FS512-W」、1GBの「RUF2-FS1G-W」、2GBの「RUF2-FS2G-W」で、製造コードはいずれも「07/09/11」。該当シリアル番号は、RUF2-FS512-WとRUF2-FS1G-Wが「000001〜000360」の一部、RUF2-FS2G-Wが「000001〜000120」の一部で、このうち市場に出荷された186台以外は、同社が回収したという。

 ウイルスの種類としては、「メイプルストーリー」「Seal Online」「R.O.H.A.N」などのオンラインゲームのIDとパスワードを取得するトロイの木馬。シマンテックのウイルス対策ソフトでは「Trojan Horse」、トレンドマイクロでは「TROJ_NSOM.UG」、マカフィーでは「NewMalware.bl」、ソースネクストでは「Trojan-PSW.Win32.OnlineGames.OCK」、日本F-Secureでは「Pccked.Win32.NsAnti.r」という名称で検知されるという。

 製造コードとシリアル番号の調べ方は、USBメモリ本体裏側に印字された部分を確認する。なお、製造コードとシリアル番号が該当しても、バッファローが無償公開したウイルスチェックツールで検出されない場合は、製品の使用を継続することが可能としている。同ツールでウイルスが発見された場合は、該当製品を接続したすべてのPCに対し、ウイルス駆除を実施をしてほしいとしている。また、ウイルスが発見されたユーザーについては、専用問い合わせ窓口を通じて新品との交換に応じる。

 バッファローによれば、海外工場の一部ラインにおいて、指紋認証に必要となるソフトウェアにプログラムを書き込む際にウイルスが混入した可能性が高いとしているが、詳しい混入経路は特定できていない。ウイルス混入については、国内の工場で抜き取り検査を実施した際に判明したという。


製造コードとシリアル番号の調べ方

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://buffalo.jp/support_s/ruf2-fs/
  ウイルスチェックツールの配布ページ
  http://buffalo.jp/download/driver/hd/ruf2-fs_check.html

関連記事
アイ・オー、ポータブルHDD「HDP-U」シリーズにウイルス混入の恐れ(2005/11/22)


( 増田 覚 )
2007/10/10 19:21

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.