Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2007年のネット通販市場規模は1兆9,240億円、富士経済調べ


 富士経済は10日、Eコマース市場に関する調査「通販・e−コマースビジネスの実態と今後 2007−2008 −市場編−」の結果を公表した。2007年におけるインターネット通販の市場規模は、前年比20%増の1兆9,240億円に達する見込みだという。

 調査は、2007年10月から11月にかけて、富士経済の専門調査員が、企業へのヒアリングを実施。あわせて、関連文献や社内データベースを併用して市場規模を算出した。2007年における通販市場全体の市場規模は4兆9,412億円、2008年には5兆3,687億円に達すると予想している。

 インターネット通販市場は、2005年には1兆円を突破し、通販市場全体に対する構成比は35%以上を占めた。2007年では、仮想ショッピングモールが好調だったほか、商品カテゴリではアパレル市場が躍進したことから、市場規模は前年比20%増の1兆9,240円が見込まれるとした。

 また、大手総合通販各社がインターネット通販にも注力し、テレビ通販でもWebサイトとの連動で、商品の詳細を閲覧できるシステムを構築していると指摘。今後も、テレビ通販やカタログ通販から、インターネット通販へのシフトが続き、2008年には2兆1,860億円の市場規模になると予想している。

 このほか、モバイル通販では、3G携帯電話で高速データ通信が可能になったことや、携帯電話向け通販サイトが増加したことなどから、2006年には市場規模が2,000億円を突破。2007年の市場規模では前年比33.9%増となる2,715億円、2008年には3,410億円に達する見込みだとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  https://www.fuji-keizai.co.jp/market/07097.html


( 増田 覚 )
2007/12/10 20:34

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.