Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「みくみく」JASRAC登録問題で、クリプトンとドワンゴの双方がコメント


 クリプトン・フューチャー・メディアは21日、同社の音源ソフト「初音ミク」を利用して制作された楽曲が、ドワンゴの着うたサイトでの配信に伴って日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録された件と、楽曲がクリエーターの許諾を得ずに配信が行なわれているという指摘があった件についてコメントを発表した。

 これに対して、JASRACへの登録を行なったドワンゴ・ミュージックパブリッシングも、コメントに対する見解を発表。クリプトンがさらにこのコメントに対して見解を発表するといった形で、双方のコメントの応酬が続いている。以下では時系列に沿って経緯をまとめた。


12月19日19:31 ドワンゴ・ミュージックパブリッシングが経緯を説明

 この問題は、初音ミクを利用して制作された楽曲「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」が、ドワンゴの着うたサイトでの配信に伴ってJASRACに登録された際に、クリプトンの意向に反してアーティスト名が「初音ミク」として登録されてしまったことに端を発している。

 この件について、登録を行なったドワンゴ・ミュージックパブリッシングは19日、社内連絡の不備により誤った登録申請を行なったとして、経緯とお詫びのコメントを発表していた。


URL
  「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」JASRAC登録にいたる経緯(ドワンゴ)
  http://blog.nicovideo.jp/niconews/2007/12/000733.html

12月21日01:29 クリプトンが経緯を説明「今後はJASRACには登録しない」

 クリプトンではこの問題についてドワンゴと協議を行ない、JASRACへの登録に際してアーティスト名に「初音ミク」を使用したことについては正式に謝罪を受けたと説明。アーティスト名については、楽曲の作者の名義に切り替える変更手続きをしてもらうことで調整中だとした。

 また、この問題に関連して、ドワンゴが配信している他の初音ミクを使用した楽曲が、クリエーターの許可を得ずに配信が行なわれているという指摘があった点についても、クリプトンが見解を示した。

 クリプトンでは、「この業界では口頭での許諾でスタートし、契約書は後で取り交わすというのが通例ということらしく、とりあえずドワンゴ社はクリエイター様にダイレクトで連絡を取って、配信OKの確約を集めていた様でした」として、ドワンゴから着うた独占配信の許諾を迫られたが、1社に配信を独占させるということは好ましくないと考えていたため、交渉はしばらく平行線をたどったと経緯を説明している。

 その後、クリプトンでは製品開発などで業務負荷が増していたことから、ライセンス業務のための仲介業者を立てたものの、間に1社入ることでむしろ契約が煩雑になってしまったと説明。一方、ドワンゴは既に口頭ベースでの許諾で楽曲の配信を開始してしまっており、結果としてクリエーターとの契約が遅れてしまったとしている。

 クリプトンでは、事務処理を円滑に管理できなかったことや、業界の慣例に慣れていなかったことも原因だったとして、クリエーターに謝罪。今後は体制を改めるとともに、クリエーターには速やかに連絡を取り、契約を済ませたいと説明。また、クリプトンが行なう契約は着うた配信に限定したもので、「JASRAC等への登録は断じて行いません」としている。


URL
  着うた配信の経緯(クリプトン)
  http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/post_61.html

12月21日04:04 ドワンゴがクリプトンに反論「JASRACへの登録は同意を得ていた」

 これに対してドワンゴ・ミュージックパブリッシングでは、JASRACに対してアーティスト名を楽曲制作者名義に切り替える訂正届を提出したと発表。「みくみく〜」のアーティスト名については、既にJASRACのオンラインデータベース「J-WID」でも変更されていることが確認できる。

 一方、クリプトンのコメントについては、事実と異なる点が散見されているとして、反論のコメントを発表した。

 着うた配信については、9月にクリプトンの「初音ミク」の担当者が来社した際に着うた配信を提案し、了解を得たと説明。また、この際には「着うた配信のお願いはいたしましたが、独占云々といった話は一切行なわれておりません」としており、ドワンゴでは各権利者にコンタクトを開始したとしている。

 また、ドワンゴが直接各権利者と契約を行なうことでクリプトンとは合意していたが、クリプトンから権利代行の仲介業者を指定されため、契約形態としては仲介業者が各権利者と契約を行ない、ドワンゴはその仲介業者と配信に関するライセンス契約を締結することで合意したという。

 ドワンゴでは仲介業者との間で配信条件等の詳細について合意し、その際に当初の合意から相当の時間が経過していることもあり、直ちに配信することについて了承を得たと説明。しかし、各権利者と仲介業者の間で契約書が締結されていないことが、権利者からのクレームで判明したため、早急に権利者との契約を締結するよう仲介業者に強く申し入れを行なったが、なんら返答がなく契約書が締結されないまま今日に至っていると説明している。

 ドワンゴ・ミュージックパブリッシングでは、「クリプトン社側で原盤権の管理を行なうとの決定をされた以上、当社および権利者の皆さんの納得のいく説明を早急に行なっていただきたいと考えます」とコメントしている。

 また、ドワンゴ・ミュージックパブリッシングがJASRAC信託を行なうことについては、クリプトン側に了解を得ていたが、この件についてクリプトン側はなんら言及していないとして、経緯を説明。JASRACへの信託については、クリプトンと仲介業者に連絡して了解を得ており、当初はクリプトン側がJASRAC信託を行なう意向を有していたと説明。こうしたことから、クリプトン側がJASRAC信託について知らなかったということはありえないとしている。

 楽曲「みくみく〜」のJASRAC信託については、ニコニコ動画上の投稿にはなんら制約はないが、その他創作活動上におけるユーザーの懸念は理解したとして、この件について責を負うべきはドワンゴ・ミュージックパブリッシングであり作者には何の責任もないとして、作者に対して迷惑をかけたことについて謝罪している。


URL
  「みくみくにしてあげる♪」【してやんよ】JASRAC届出情報変更に関するお知らせ(ドワンゴ)
  http://blog.nicovideo.jp/niconews/2007/12/000742.html
  クリプトン社の謝罪に対するコメント(ドワンゴ)
  http://blog.nicovideo.jp/niconews/2007/12/000744.html

12月21日11:49 クリプトンが再反論「両社ともニコニコできる仕組みを」

 クリプトンではさらにこのコメントに対して反論のコメントを発表。ドワンゴは、クリプトンおよび仲介業者の反対を押し切って「『初音ミク』で製作された着うた・着うたフルを独占配信開始」というニュースリリースを発表しており、この直後にドワンゴに対してはクレームを入れたと説明した。

 事務手続きが円滑に行なわれなかったことについては、権利者に対して申し訳なく思っているとして、権利者に対しては、21日中に連絡した上で、速やかに契約手続きをしたいという意向を示した。ドワンゴに対しては、「口頭での承諾で受け契約は後で、という業界のルールが、一般の方も多いクリエーターの意識とはズレがあることをご認識いただき、今後は弊社側できちんと書面の確約が取れてから配信に移すということを守っていただきたくお願いします」としている。

 また、ドワンゴがJASRAC信託を行なうことをクリプトンが知らなかったということはありえず、当初はクリプトン側がJASRAC信託を行なう意向を有していたとされた点については、ドワンゴ側の全くの誤解であると説明。今回の問題では“業界”という暗黙のルールでやりとりされたため、お互いの認識が噛み合わなかったことは改善点として認識せねばならず、事務手続きが円滑に行なわれていなかったことについては事実として厳重に受け止め、仲介業者と協議の上改善を進めていくとしている。

 クリプトンでは、「いろいろ見苦しいやり取りをしてしまったことは、大変恥ずかしく、弊社のお客さま、ネットの皆様には大変に申し訳なく思っております」とした上で、今回の件によって問題の根幹が見えてきたため、各社協議の上しっかりとしたビジネスを構築できるように努力していきたいと表明。「ネガティブな話ばかりが先行しておりますが、共にCGMを志向する会社として、ドワンゴとは昨日の打ち合わせでもポジティブな意見交換・議論もさせていただきました」として、「両社ともがニコニコできるような仕組みが築けたらと願っております」とコメントしている。


URL
  着うた配信の経緯(2)(クリプトン)
  http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/2_3.html

関連情報

関連記事
ドワンゴ・ミュージック、「みくみく」のJASRAC登録について経緯を説明(2007/12/20)


( 三柳英樹 )
2007/12/21 15:21

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.