Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

原子力機構の業務情報がWinny流出、核物質防護に関する情報は含まれず


 独立行政法人日本原子力研究開発機構(原子力機構)は26日、契約相手先社員の個人PCから原子力機構の業務情報がWinnyネットワーク上に流出したことを公表した。流出した情報に、核物質防護に関わる情報は含まれていないという。

 原子力機構によれば、契約相手先会社の社員がファイル共有ソフト「Winny」がインストールされている自宅PCに原子力機構の業務情報を保存。この資料がWinnyを介してネットワーク上に流出したという。流出の時期は12月13日から15日の間。

 流出した主な業務情報は、東海研究開発センター核燃料サイクル工学研究所に建設中だった低放射性廃棄物処理技術開発施設(LWTF)に関する業務上のメール(2002年3月〜2003年11月)や、2007年1月〜2月に業務情報にアクセスした記録。

 原子力機構では、12月17日に業務情報がインターネット上に流出していることが判明し、ただちに流通している情報を収集・分析した結果、核物質防護に関わる情報は含まれていないことを確認したとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.jaea.go.jp/02/press2007/p07122602/index.html

関連記事
北陸電力、志賀原発の工事情報がWinny流出〜事実は2006年1月把握(2007/08/23)


( 三柳英樹 )
2007/12/26 20:27

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.