Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

トレンドマイクロのウイルス情報ページが改竄、ウイルスを埋め込まれる


 トレンドマイクロは12日、ウイルス情報をWebで公開している「ウイルスデータベース」の一部ページが改竄され、該当するページにアクセスしたユーザーに対してウイルスがダウンロードされる状態になっていたことを公表した。トレンドマイクロでは、ウイルス情報ページを一時閉鎖。原因については調査中としている。

 トレンドマイクロによれば、同社のウイルス情報ページの一部が11日19時頃から改竄されていたことが判明。該当ページは、日本語サイトが「ADW_BRUNME.A」などのウイルス情報ページ11件、英語サイトが「ADWARE_BHO_WEBDIR」などのウイルス情報ページ21件。これらのページにアクセスすると、ウイルス「JS_DLOADER.TZE」がダウンロードされるようになっていたという。

 トレンドマイクロではWebページの改竄を確認後、ウイルス情報ページを一時閉鎖。ページが改竄されてから閉鎖するまで(3月11日19時頃〜3月12日11時半)の間に該当ページにアクセスした場合や、挿入された文字列に含まれるURLをコピーしてアクセスした場合には、ウイルスに感染する恐れがあるとして、該当ユーザーはウイルス対策ソフトを最新版に更新してPC内のウイルスを検索するか、トレンドマイクロのオンラインスキャンを利用してほしいとしている。

 トレンドマイクロでは、Webページが改竄された原因については現在調査中としており、利用者に対して謝罪するとともに、今後はWebページの管理向上に一層の努力を重ねるとしている。

【追記 3/13】
 トレンドマイクロではその後の調査により、Webページが改竄された日時については、3月9日21時頃から改竄されていたことが判明したとしている。


関連情報

URL
  トレンドマイクロ ウイルス情報ページの改ざんについて
  http://jp.trendmicro.com/jp/about/notice/0312/index.html
  トレンドマイクロ ウイルスデータベース
  http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/

関連記事
トレンドマイクロのウイルス情報ページ、改竄されたのは9日21時頃から(2008/03/13)


( 三柳英樹 )
2008/03/12 16:30

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.