Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

権利者団体による「Culture First」の公式サイトが開設


「Culture First」の公式サイト
 JASRACなど私的録音録画補償金関係の権利者28団体で構成される「デジタル私的録画問題に関する権利者会議」(以下、権利者会議)および賛同団体61団体は21日、1月15日に発表した行動理念「Culture First〜はじめに文化ありき」の公式サイトを開設した。

 公式サイトでは、「Culture First」の行動理念を発表するに至った背景として、私的録音録画補償金制度の問題を取り上げ、文化の発展のために適正な制度の見直しが必要であることなどを説明。また、1月15日の発表イベントの模様や、著名人から寄せられたメッセージをテキストや映像で紹介している。

 権利者会議では、「コンテンツを単なる『もの』としか見ない我が国の昨今の風潮を改め、文化が最重要視される社会の実現を求める」ための行動理念として「Culture First」を1月15日に発表。私的録音録画補償金制度について、現在使われている録音録画機器の大半は補償金の課金対象外となっているとして、iPodなどの携帯音楽プレーヤーやPC、携帯電話、カーナビなどを補償金の対象機器とすべきと主張している。


関連情報

URL
  Culture First
  http://www.culturefirst.jp/

関連記事
権利者団体が「Culture First」宣言、文化保護で補償金の拡大求める(2008/01/15)


( 三柳英樹 )
2008/03/21 18:31

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.