Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

クリエイティブメディアのサイトが改竄、ウイルス埋め込まれる


 クリエイティブメディアは31日、同社サイトの一部ページが改竄され、ウイルスをダウンロードさせるコードが埋め込まれていたことを明らかにした。サイトが改竄されていた時間帯にアクセスしたユーザーは、ウイルスに感染した可能性があるという。

 クリエイティブメディアによれば、サイトを改竄されたのは3月29日17時頃。その後、同日「夜」(同社)から30日午前1時半頃まで改竄を修正するためサイトを一時閉鎖していた。サイトが改竄された攻撃手法や仕掛けられたウイルスの詳細については調査中としている。

 クリエイティブメディアでは、サイトが改竄されていた期間中にアクセスしたユーザーは、ウイルス対策ソフトを最新の状態にアップデートした後、ウイルススキャンを実行してほしいと呼びかけている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://jp.creative.com/corporate/pressroom/releases/welcome.asp?pid=12912

関連記事
Web改竄の攻撃が再開の兆し、十分な警戒を〜ラック川口氏(2008/03/27)
クリエイティブメディアが出荷したプレーヤー本体にウイルス混入の恐れ(2005/08/29)
クリエイティブメディア、ウイルスが混入したプレーヤーを2台確認(2005/09/01)


( 増田 覚 )
2008/04/01 12:16

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.