Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

テレビ見ながら携帯メールやネットは若い女性に多い、NTTアド調査


テレビを見ながらインターネットや携帯メールをする比率
 NTTアドは15日、「情報・メディア接触の実態」に関する調査結果を公表した。

 調査は、首都圏・関西圏・名古屋・札幌・仙台・福岡・広島の7エリアにおいて、15〜65歳を対象に郵送アンケートで実施した。期間は2007年10月24日から11月5日で、6,669人から回答を得た。

 商品・サービスに関する情報源として普段よく見るものでは、「テレビ番組」「テレビCM」が年齢・性別を問わず多かった。また、30代が境目となって、「新聞記事」「新聞広告」「折込チラシ」などが上位に入ってくる。

 普段の生活で1つのメディアしか利用できないとした場合、何を選ぶかという質問では、男女10代および女性20代では「携帯電話 /PHS」が最も多く、男性20代・30代では「パソコン・インターネット」、女性30代および男女とも40代以上では「テレビ」を選択する人が最も多かった。

 「テレビを見ながらインターネットや携帯メールをする」という問いでは、「非常にあてはまる」「まああてはまる」とする回答が男女とも年齢が下がるほど多くなった。特に女性では10代・20代が9割近く、30代が8割弱、40代でも7割弱が、日常的に“ながら”視聴を行なっていることがわかった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.ntt-ad.co.jp/news/20080415/20080415_1.pdf

関連記事
ウイルス被害経験者は5割以上、セキュリティ支出0円が3割〜NTTアド調査(2008/04/01)


( 野津 誠 )
2008/04/16 11:05

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.