Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

倖田來未や大塚愛など17,800曲、著作権管理会社とYouTubeが利用許諾契約


 イーライセンスは20日、動画共有サイト「YouTube」における音楽著作権の包括利用許諾契約を締結したことを明らかにした。YouTubeの親会社であるGoogleと合意した。これによりユーザーは、イーライセンスが管理する楽曲を自ら演奏・録画し、YouTube上に公開することが可能となる。

 イーライセンスは浜崎あゆみ「GUILTY」、倖田來未「愛のうた」、大塚愛「恋愛写真」、KREVA「ストロングスタイル」など、3月末時点で17,800曲の著作権を管理している。また、同社は今回の包括利用契約に基づき、KREVAの公式チャンネルをYouTubeに開設している。

 なお、今回の利用許諾は音楽著作権のみを対象にしており、映像の著作権や著作隣接権を対象としたものではない。そのため、イーライセンスが楽曲を管理するアーティストの映像をYouTubeに公開することはできない。

 イーライセンスは、民間初の著作権管理事業者として2000年に設立。日本の著作権管理事業者がYouTubeと包括利用許諾契約を結ぶのは、2008年3月に締結したジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)に続いて2社目。

 日本音楽著作権協会(JASRAC)も現在、YouTube側と包括利用許諾契約に向けて協議中としている。JASRAC常務理事の菅原瑞夫氏は5月14日の会見では、YouTube上で過去に投稿された違法コンテンツへの対策が示されれば、許諾契約を結びたいと話していた。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.elicense.co.jp/rh/20080520.html
  関連記事:インターネット音楽配信の“自由度”があがるか〜JASRACの約款改正が承認
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0620/jasrac.htm
  関連記事:音楽著作権管理事業に民間会社が参入〜インターネット音楽配信などを対象に
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0222/elicense.htm

関連記事
グーグルと音楽著作権管理会社のJRC、「YouTube」で包括利用許諾契約(2008/03/27)
JASRACの2007年度著作権使用料は1,156億円、放送や音楽配信が好調(2008/05/14)


( 増田 覚 )
2008/05/20 15:22

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.