Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

違法動画消されたら利用止めるが5割弱、アイシェア調査


 アイシェアは23日、20代〜30代を中心とするインターネットユーザー740人に動画共有サイトの著作権問題について聞いたアンケート調査の結果を公表した。調査は4月17日から21日まで、アイシェアのメール転送サービスの会員を対象に実施。回答者の属性は男性が53.1%、女性が46.9%。

 「著作権に抵触している動画が削除されてしまってもサービスを利用しますか?」という質問では、「利用する」が51.9%で、「利用しない」が48.1%だった。内訳を見ると、利用しない派のうち「そのサイトを利用しない」は37.2%、「他のサービスに移る」は10.9%だった。利用する派の中でも「利用回数は減る」が26.8%存在した。

 また、「著作権問題が解消された上で動画が閲覧可能になった場合はどうしますか?」という質問では、「今まで通り利用したい」が61.0%で、「積極的に利用したい」が35.8%、「積極的に製作・編集に参加したい」が3.2%だった。全体の約4割は、著作権問題がクリアになることで、動画共有サイトを積極的に利用する意向を示している。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://blog.ishare1.com/press/archives/2008/05/231300.html

関連記事
動画共有サイト、違法投稿削除で「使わなくなる」は2割超〜gooリサーチ(2008/04/08)


( 野津 誠 )
2008/05/23 19:30

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.