Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

2008年3月のFTTH契約数は1,217万件、ADSLからFTTHへの移行が進む〜MM総研


 MM総研は28日、2008年3月末時点でのブロードバンド回線事業者の加入件数についての調査結果を公表した。FTTHの契約数は1,217万件で、前年同期から335万8,000件増加。一方、ADSLの契約数は1,270万5,000件で、前年同期から129万5,000件減少し、3月末時点での比較では過去最大の減少幅となったという。

 回線事業者のシェアは、FTTH市場ではNTT東日本が40.8%、NTT西日本が31.3%で、NTT東西のシェアが合計で70%を超えた。加入者数は、NTT東日本が496万3,000件、NTT西日本が381万4,000件の合計約878万件で、前年同期の合計約608万件から引き続き加入件数を伸ばしている。その他の事業者は、KDDIが71万件(前年同期比11万8,000件増)、ケイ・オプティコムが68万2,000件(同16万3,000件増)など。

 ADSLでは、ソフトバンクBB(Yahoo! BB)がシェア37.9%でトップを維持するが、加入者数では480万9,000件と前年同期から35万1,000件減少。他のADSL事業者も同様に減少が続いており、上位の事業者すべてが純減。MM総研では、ADSLからFTTHへの移行が本格的に進んだ結果となったとしている。

 今後の市場予想については、FTTHは先行ユーザーの取り込みがある程度一段落しており、今まで通りの販売施策では顧客獲得が緩やかになると考えられるが、NTTでは2010年度末までにFTTHで2,000万契約を目標としており、そのうち半数は商用サービスを開始したNGNに収容する考えであることなどを指摘。FTTHサービス全体では、2009年3月末で1,575万件、2010年3月末で1,980万件、2011年3月末で2,430万件に拡大すると予想している。

 また、ブロードバンドサービス全体では、ADSLは減少幅が拡大する一方でFTTHが増加するため、ブロードバンドサービス全体の契約数は2009年3月末に3,090万件、2010年3月末に3,330万件、2011年3月末に3,580万件に達する見込みとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120080528500

関連記事
FTTH契約数は1,132万、DSLはソフトバンクが初の首位〜総務省調べ(2008/04/04)


( 三柳英樹 )
2008/05/28 20:36

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.