Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

NTT Com、ロシア経由で光海底ケーブルの日欧間ルート運用開始


 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とロシア大手通信事業者のTransTeleComは3日、日本と欧米を結ぶ新しい光海底ケーブルのルートの運用を開始した。両社が2007年末に敷設した、日本とロシア間の光海底ケーブルを経由する。

 日本とロシア間の光海底ケーブルは、北海道石狩市とサハリン州ネベルスク市間約570kmを結ぶ最大640Gbpsの大容量光海底ケーブル。NTT Comでは、このケーブルをTransTeleComがロシア国内に保有する約5万5000kmにわたるバックボーンと接続。これにより、日本と欧州を結ぶ最短ルートを提供する。

 日欧間ルートを利用してNTT Comでは、国際通信の遅延を従来の2〜3割改善できるという国際専用線を7月3日から販売。さらに同日、NTT ComのグローバルIPネットワークにおいて、日本と欧州を結ぶ新たなルートを追加した。このほか2008年8月以降、企業向けデータ通信サービス「ArcstarグローバルIP-VPNサービス(MPLSタイプ)」のバックボーンに同ルートを追加する。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20080703.html

関連記事
NTT Com、ロシア企業と共同で日露間光海底ケーブルを敷設(2007/02/28)


( 増田 覚 )
2008/07/04 20:40

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.