Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「.cn」が「.com」に次ぐTLDに躍進


 中国の国別トップレベルドメイン名(ccTLD)である「.cn」が、ドイツの「.de」を抜き、世界最大のccTLDになったことが、8日までに明らかになった。「.cn」より多く登録されているTLDは、gTLDの「.com」しかないことになる。

 このデータは、インターネットドメイン利用状況などを調査しているZookNICにより集計されたものだ。それによると、2008年7月時点で「.cn」は1236万件あり、「.de」は1215万だった。ドイツの「.de」はここ24カ月間にわたって最大のccTLDだったが、中国の「.cn」はその間に950%もの驚異的な増加を遂げたことになる。この結果、「.cn」と「.de」を合わせて、世界のccTLDの37%を占めるまでになった。

 1年半前の2007年1月調査時点で「.cn」は、「.de」、英国の「.uk」、EUの「.eu」、オランダの「.nl」に次ぐ、5番目のccTLDだった。そして、TLD全体では「.com」「.de」「.net」「.uk」「.org」「.info」「.eu」「.nl」に次ぐ9番目だった。しかし今回の調査では、「.cn」より大きなTLDは「.com」だけとなった。

 「.cn」躍進の理由について、ZookNIC創業者兼社長のMatthew Zook氏は「魅力的な価格、政策の変更、中国のインターネット利用者の増加が続いていることなどの理由の組み合わせが、このような『.cn』のとてつもない増加という結果をもたらした」と説明している。

【お詫びと訂正 2008/08/12 13:00】
 記事初出時、「.nl」をノルウェーのトップレベルドメイン名としていましたが、正しくはオランダのトップレベルドメイン名です。お詫びして訂正いたします。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.zooknic.com/pr_2008_08_08.html

関連記事
JPNIC、ドメイン名の動向に関する調査報告書を公表(2006/05/18)
gTLDの登録数が2001年の水準に戻る〜米Zooknic調査(2003/08/27)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2008/08/11 12:27

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.