Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Yahoo!きっず、親子向けイベントで「ネットのマナーABC」


 東京・千代田区の東京国際フォーラムで11日と12日、親子向けの体験イベント「丸の内キッズフェスタ」が開催された。子供向けポータルサイト「Yahoo!きっず」を運営するヤフーも出展し、インターネットを使うにあたってのルールやマナーを学ぶワークショップを実施した。

 ワークショップは、「ちょボットわくわくクイズ!〜ネットのマナーABC」と題したもの。小学3〜6年生を対象に2日間で計6回実施され、それぞれ約30組の親子が参加。1時間にわたり、クイズなどを通じてインターネットを楽しむときの「5つのルール」を学んだ。



  • 知らない人に自分の名前や住所などを教えないこと
  • 知らないサイトには注意すること
  • 相手を思いやること
  • 情報の発信には責任を持つこと
  • 使いすぎに注意すること


 これらのルールの説明の後、3つのチームに分かれてクイズに挑戦。これは「知らない人に自分の○○や○○を教えないこと」「情報の発信には○○を持つこと」といった問題に対して、空欄に入る言葉が書かれた風船を選んでくるというもの。全チームが全問正解した。

 最後に、この設問と同じ文章がプリントされたYahoo!きっずの黄色いTシャツに、参加した子供たちが自分で回答を書き込み、5つのルールが書かれた「インターネットマナーはかせ」の証書を受け取ってワークショップは終了。その後は、Yahoo!きっずのマスコットキャラクターである「ちょボット」の巨大な着ぐるみが登場し、参加者らがTシャツを着て記念撮影していた。


インターネットを楽しむときの「5つのルール」 講師のおねえさんと「ちょボット」

「5つのマナー」がプリントされたTシャツ。ワークショップ終了後、これを着て帰る子供も ワークショップ受講後に配られた「インターネットマナーはかせ」証書。裏には「5つのマナー」も書いている

 ワークショップでは、ちょボットのほか、同じくYahoo!きっずのマスコットキャラクターである「ピョコたん」「スナギモさん」が登場する、ややシュールな啓発Flashアニメ「あんしんインターネットの道」も上映。インターネットユーザーであっても大人にはあまりなじみのないキャラクターだが、じつはテレビでも放映されているということで、子供への知名度はなかなかのものだった。

 今回のワークショップは、会場で実際にインターネットを使ってもらうのではなく、クイズを通じてルールを訴求していたのが特徴だ。ヤフーによると、子供が調べ物でインターネットを使い始めるのは小学校3年生くらいが多いという。そのような層をターゲットに、まずは使い方よりも初心者向けの心構えを伝えるのが大切だとの判断だ。学校などで開催しているリアルなセミナーのほか、Yahoo!きっずのオンライン上でもこれらのルールを紹介している。


ワークショップの参加者に配布した「あんしんインターネットの約束」パンフレット 反対側から開くと、保護者・先生向けの内容が書かれている。

ワークショップのほか、展示会場にブースも開設 「Yahoo!きっず」上で提供している「ネットのマナーABC」クイズの体験コーナーも

関連情報

URL
  丸の内キッズフェスタ
  http://www.t-i-forum.co.jp/kids_2008/index.html
  Yahoo!きっず
  http://kids.yahoo.co.jp/

関連記事
Yahoo! JAPAN、子供向け検索のシンプルな専用トップページ開設(2008/06/10)
Yahoo!きっずが夏休み特集、自由研究動画やお出かけ情報など(2008/07/22)


( 永沢 茂 )
2008/08/12 17:03

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.