Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

自治体サイトのアクセシビリティ調査、富山・京都などが高評価


 ユニバーサルワークスは1日、都道府県と政令指定都市、東京23区のWebサイトについて実施したアクセシビリティ調査の結果を公表した。

 ユニバーサルワークスでは、都道府県や政令指定都市のWebサイトに対して、アクセシビリティ(アクセスしやすさ)の調査を2003年から毎年実施している。サイトを同社独自のチェックリスト(50項目)により採点したもの。調査期間は8月8日〜8月31日。

 調査結果は、「音声化対応」「操作性」「可読性」「レイアウト」「汎用性」の5項目からなるレーダーチャートで示されており、それぞれの自治体サイトについて評価コメントが加えられている。各自治体のサイトについて、都道府県では富山県、京都府、群馬県、政令指定都市では浜松市、名古屋市、東京23区では大田区、板橋区などが高評価となっている。


関連情報

URL
  自治体サイトWebアクセシビリティ調査 2008
  http://www.u-works.co.jp/jichitai/

関連記事
自治体サイトのアクセシビリティ調査、富山・兵庫・鳥取などが高評価(2007/09/03)


( 三柳英樹 )
2008/09/01 19:15

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.