Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

スクエニとニフティ提携の仮想空間「Nicotto Town」正式版を開始


Nicotto Town

実際の時間を反映する

マイページ
 スマイルラボ、スクウェア・エニックス、ニフティの3社は29日、仮想空間コミュニティサービス「Nicotto Town(ニコッとタウン)」の正式版を公開した。利用するには会員登録が必要。推奨環境は、OSがWindows XPで、ブラウザがInternet Explorer 6.0。Adobe Flash Player 9で動作する。

 「Nicotto Town」は、アバターを使い“仮想生活”を楽しむコミュニティサービス。アバターや街は2Dで表現されており、街を歩いて他のユーザーとチャットしたり、簡単なゲームが楽しめるコーナーを用意する。専用のブログも開設できる。基本料金は無料で、アイテム課金を採用する。

 アバターのアイテム購入やゲームでは、仮想通貨「コイン」を使用する。コインは、タウンにログインしたり、ブログを書いたりすることで自動的に増える「無料コイン」と、課金決済の「有料コイン」(10月末開始予定)を用意。無料コインと有料コインでは、入手できるアイテムが異なる。

 「Nicotto Town」では、8月22日から利用者を限定したアルファ版を公開し、そこで得た意見を参考に改良を加えた上で、本日、正式版を公開した。他のユーザーとコミュニケーションできるタウンのオープン時間は朝の10時から夜の0時まで。ブログやゲーム、マイホームなど、タウン以外の機能はいつでも利用できる。

 正式版では、ユーザーごとに家を提供する「庭つき一戸建てシステム」や、他のユーザーを友達として登録できる機能(お試し版)、新作アイテムの入荷やタウンのイベント日時がわかる「イベントリリースカレンダー」などを追加した。タウンには、「カジノ広場」とスロットゲーム、「おしゃべりカフェ」(お試し版)を追加した。

 また、「Nicotto Town」のアバターは、他のユーザーと同じネックネームを付けることができるため、同じニックネームでも差別化できるよう、家に「住所」を導入した。このほか、マイページのトップ画面リニューアルや、ブログへの新着コメントがわかる機能、チャットの履歴表示などを追加。さらに、低スペックの環境にも考慮し、タウンとマイホームの画質をユーザーが変更できるようになった。


スロットゲーム。「説明書なしで遊べる簡単なゲームを用意する」 Nicotto Townの特徴

アバターイメージ 今後は大人の服も充実

Nicotto Town全景 庭つき一戸建て

ネットでも掛け替えのない経験を提供したい

スクウェア・エニックスの和田洋一代表取締役社長

ニフティの和田一也代表取締役社長

スマイルラボの伊藤隆博代表取締役社長
 スマイルラボ、スクウェア・エニックス、ニフティの3社は29日に記者会見を行い、「Nicotto Town」正式版について説明した。スクウェア・エニックスとニフティは、カジュアルエンターテインメントポータルサービスの提供において業務提携を行っており、スクウェア・エニックスの完全子会社であるスマイルラボが「Nicotto Town」の開発を行っている。

 スクウェア・エニックスの和田洋一代表取締役社長は、「快適に利用してもらうための品質にこだわった。スマイルラボのクオリティは世界有数」とアピール。「当社は、ゲームソフトというクローズな世界でハイクオリティなものを提供することにおいて評価を得ているが、ニフティとの提携ではオープンなかたちでのエンターテインメントを提供するもの。ユーザーにとって掛け替えのない経験を提供するため、注力していく」と語った。

 ニフティの和田一也代表取締役社長は、「『@nifty』のトップページにNicotto Townのキャラクターを動かしており、とても好評。これまで、アバターサービスは行っていないが、今回は良いチャンスだと思う」とコメント。また、「@niftyの会員は30〜40代が中心だが、10代女性向けのコミュニティサイト『ふみコミュ』でNicotto Town(アルファ版)の告知を行ったことで、大人と子供が混在する仮想空間になった。大人向けのアバターもあれば良いのではないか」と話した。

 スマイルラボの伊藤隆博代表取締役社長は、「Nicotto Town」の概要や主な機能を説明した。「Nicotto Townは、ゲームをしたり、他のユーザーとコミュニケーションすることでコインが貯まる。普段インターネットでしていることに、仮想生活を組み込んだようなもの」と話す。「世界観としては、ちょっとだけ懐かしい現代という設定」とのこと。また、「アバターのデザインに4カ月かかり、目だけで400パターン作った。髪型や服装は変更できるが、目はアバターのブランドであり、こだわった点」とアピールした。

 伊藤社長は、「賑わった空間を作りたかった。ユーザーからは、ずっと話しができて楽しいという反響も得ている」という。ただし、「安全面を考えて、タウンは24時までにした。今後は、大人向けのニフティタウンなど年齢制限エリアも検討する」。また、「Nicotto Townのような世界観で変な会話をすれば浮くし、他のユーザーから注意を受ける」と話す。正式版では、日本人の特性に合わせた改良も行っている。「従来は相手の部屋に直接入ることができたが、知らない人がいきなり部屋に入ってくるのを嫌がるユーザーも多いため、最初は家の前(庭)に行くようにした」。

 今後は、ビジネスモデルとして、アイテム課金以外に、BtoB収益も検討する。タウンの1エリアか建物単位で企業の出店を誘致する。10月中には最初のタイアップを開始する予定という。企業のタウンは、自社サイトに貼り付けて利用することも可能だ。「Nicotto Town」では、年内に15万ユーザー獲得を目指すほか、来期からは携帯電話への対応も検討する。


専用ブログの役割 主なビジネスモデル

 記者発表会では、特別応援ゲストとしてタレントの小倉優子が登場し、Nicotto Townを体験した。正式版を記念して、限定アバターアイテム「小倉優子さんのお気に入りワンピ」をコインで交換できるキャンペーンなども実施する。「一緒の服を着た人がいっぱい増えると嬉しい」などと話した。


小倉優子アバター デモでは着ぐるみを入手 タウンに繰り出すと大勢のユーザーが集合

伊藤社長の説明を受けてNicotto Town体験 小倉優子のワンピースをアイテム化 「すごい楽しくてもっと遊びたかった」とコメント

関連情報

URL
  Nicotto Town
  http://www.nifty.com/nicotto/

関連記事
「海外展開も視野」スマイルラボの“仮想生活つきコミュニティ”(2008/08/26)


( 野津 誠 )
2008/09/29 18:43

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.