Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米Google、「Google Apps」に99.9%のサービス品質保証制度


 米Googleは30日、「Google Apps Premier Edition」の利用者に対し、99.9%のサービス品質保証制度を導入すると発表した。

 これまでGoogleは、Google Apps Premier Edition利用者に対して、Gmailのサービス品質保証制度を提供していた。これに加えて今回、Google Calendar、Google Docs、Google Sites、Google Talkを含むGoogle Appsに対して、99.9%のサービス品質保証制度を提供することになった。

 Googleが提供するサービスのダウンは時として大きなニュースとなる。8月にGmailがダウンした時もそうだった。しかしGoogleはそれでも、Gmailのサービス品質は他のメールサービスを上回っていると主張している。

 同社によると、2008年8月のダウンタイムを含めたとしても1カ月あたり10〜15分のダウンタイムに過ぎず、しかもこの中には数秒のサービス遅延などのデータも含まれているという。

 さらに、調査会社Radicati Groupの調査結果を引用し、企業内で運用されているメールソリューションでは、平均して1カ月に30〜60分のダウンタイムがあり、その上、計画的なダウンタイムは36〜90分あるとした。また、こうしたデータから、GmailはNovell GroupWiseソリューションの2倍、Microsoft Exchangeソリューションの4倍、信頼性が高いと説明している。

 企業がクラウドサービスを利用するためには、このようなダウンタイムの比較に加え、データ損失やデータのロックインなど、さまざまな問題に関するデータが公表されていく必要があるだろう。


関連情報

URL
  Google公式ブログの該当記事(英文)
  http://googleblog.blogspot.com/2008/10/what-we-learned-from-1-million.html

関連記事
米Google、「Google Apps」の有料サービス開始(2007/02/23)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2008/10/31 11:58

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.