Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「マジコン」向けにDSソフト無断配信、「DSGAMEJP」運営者再逮捕


 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室などは3日、ニンテンドーDS用のゲームソフトを権利者に無断でアップロードし、送信できる状態にしていたとして、大阪府寝屋川市の男性(37歳)を著作権法違反の疑いで再逮捕した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が同日、発表した。

 この男性は7月31日ごろ、ニンテンドーDS用のゲームソフト「リズム天国ゴールド」を権利者に無断でサーバーにアップロードし、8月8日ごろまでの間にインターネットユーザーに対して送信できるようにしていた。

 男性が運営していた「DSGAMEJP」には、少なくとも100タイトル以上のソフトのデータがアップロードされており、1タイトル0〜500円でダウンロードさせていたという。「DSGAMEJP」に会員登録し、3000〜10000円を入金することで、残金の範囲でダウンロードが可能となる仕組み。ユーザーに対して、最初に「マジコン」を入手するよう指示し、「マジコン」で海賊版ゲームソフトを稼働させる方法を写真付きで説明していたという。

 なお、この男性はすでに11月13日、DS用海賊版ソフトを「マジコン」とセットで販売していたとして京都府警などに逮捕されていた。2007年8月ごろから逮捕されるまでの間に、ゲームのダウンロード料金として約930万円、「マジコン」の販売代金として約450万円の振り込みがあったことが確認されているという。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www2.accsjp.or.jp/news/news081203.html

関連記事
DS用海賊版ソフトを販売、「DSGAMEJP」運営の男女3人を逮捕(2008/11/13)


( 永沢 茂 )
2008/12/03 20:05

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.