Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「バレンタインスパム」が全メールの1〜2%を占める、McAfee調査


 米McAfeeは2日、研究機関「McAfee Avert Labs」の公式ブログにおいて、2月14日のバレンタインデーに関連したスパムメールについて注意を促した。「バレンタインスパム」は1月22日に出現し、現時点ではMcAfeeで観測している全メールのうち1〜2%が「バレンタインスパム」が占めているという。

 典型的な「バレンタインスパム」の文面は、“Deeply in love with you.”“I knew I loved you”などといった文章とともに、URLが記述されているもの。これらのURLは悪質なページに誘導するもので、ページ中に表示された赤いハートをクリックすると「meandyou.exe」という実行ファイルをダウンロードさせられ、ウイルスなどに感染する恐れがあるという。

 また、バレンタインスパムの登場に伴って、スパムメール全体の量も増加している。スパム業者などが使用していた米国のホスティング業者「McCoLo」が、2008年11月にネットワークから切断されたことでスパムメールの量が激減したが、現在はまた量が戻りつつあるという。1月にはスパムメールの量は前年同月比で10%にまで減少していたが、2月には前年同月比20%となっており、McAfeeではいずれスパムメールの量は元の水準を上回るだろうとしている。


関連情報

URL
  McAfee Avert Labs Blogの該当記事(英文)
  http://www.avertlabs.com/research/blog/index.php/2009/02/02/the-month-of-valentines-spam/

関連記事
バレンタインデー便乗スパムが出回る、米Trend Microが注意(2009/01/28)


( 三柳英樹 )
2009/02/04 14:03

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.