Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

離職時に機密情報を盗んだ人が6割〜米調査


 Symantecと調査会社のPonemon Instituteが共同で行った調査で、2008年中に退職もしくは離職した従業員のうち59%が、企業の機密情報を盗んだことを認めたとの結果が出た。

 調査は2009年1月、米国に住む成人で過去12カ月以内に離職した人約1000人を対象にWebで行われた。調査はさまざまな業界を対象としたが、最も回答者が多かったのは金融サービス業界だったという。

 調査によると、従業員が盗み出した情報は、メールアドレスのリスト、従業員履歴、連絡先を含む顧客情報、その他非金銭的な情報など。企業の情報を盗んだと回答した人のうち61%は、雇用主に対して否定的な感情を抱いていたとされる。

 また、回答者の53%は、情報をダウンロードする際にCDやDVDに書き込んだほか、42%がUSBドライブに、38%が個人用メールアカウントに添付ファイルとして送信していた。さらに24%は、離職後も雇用主のコンピュータシステムまたはネットワークにアクセス可能だったとされる。

 さらに回答者の79%は、データを雇用主の許可なく盗み出し、82%は離職時に書類または電子的ドキュメントに関する監査が行われなかったと指摘している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.symantec.com/about/news/release/article.jsp?prid=20090223_01


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2009/02/24 13:30

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.