Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

アップル、Safari 4のパブリックβ公開

〜JavaScript実行速度はIE 7の最大30倍以上に

Windows版Safari 4パブリックベータ画面。編集部のWindows XP/SP2マシンにインストールしたところ、インストール時の初期設定言語がキリル語になっていた。ベータのためこうした細かい問題はありそうだが、たしかに体感でも表示は速いのがわかる
 アップルは24日、Webブラウザ「Safari 4(サファリフォー)」のパブリックベータ版を公開した。Mac OS X版とWindows版が同時公開され、アップルサイトから無料でダウンロードできる。

 「Safari 4」では新しいNitroエンジンを採用したことにより、JavaScriptの実行速度がSafari 3に比べて4.2倍高速化された。アップルの発表によれば、Safari 4では、JavaScriptをInternet Explorer 7(IE 7)の最大30倍、Firefox 3の3倍以上速く実行するという。また、SafariはHTMLのWebページの読み込み速度も速く、IE 7の3倍以上、Firefox 3でもほぼ3倍の速さで読み込むとしている。

 機能面では、頻繁に訪問するページのビジュアルプレビュー表示機能「Top Site」、最近閲覧したページのタイトルやURLおよびテキスト全体の検索ができる履歴検索機能「Full History Search」、Web履歴やブックマークを本のぺージをめくるように表示する「Cover Flow」機能、タブ閲覧機能「Tabs on Top」などの機能を新たに搭載した。

 Safari 4も従来バージョンのSafari同様、アップルがオープンソースプロジェクトとして開発したブラウザエンジン「WebKit」をエンジンに採用している。「WebKit」は、高速であることを理由に、Googleがブラウザ「Google Chrome」や「Google Android」のエンジンに採用しているほか、Nokia Series 60ブラウザ、Palm webOSなどもWebKitベースで開発されている。

 最新のWebKitでは、HTML 5とCSS 3をサポート。HTML 5は、Webアプリケーションがオフラインの状態でも動作するためのオフライン機能をサポートした点が特長だ。HTML 5対応により、Safari 4では、Webベースのアプリケーションはインターネットに接続していない時でもローカルに情報保存が可能になった。

 また、CSS 3対応により、Webブラウザとしては初めて、リフレクション、グラディエント、プレシジョンマスクを使ったWebグラフィックスを可能にしたという。

 「Safari 4」がサポートするOSは、Mac OS X用がMac OS X Leopardバージョン10.5.6およびSecurity Update 2009-001、またはMac OS X Tigerバージョン10.4.11。Windows用はWindows Vista/XP SP2以降。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.apple.com/jp/news/2009/feb/24safari.html
  Safari 4ダウンロードサイト(Mac、Windows共通)
  http://www.apple.com/jp/safari/


( 工藤ひろえ )
2009/02/25 01:21

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.