記事検索
バックナンバー

急いで証明写真を用意したいときに「証明写真」


アプリ名証明写真(Ver.1.0)
こんなときに急いで証明写真を用意したい!
価格170円
配布LeadingWin Co.Ltd (C) LeadingWin Co.Ltd. 2010
URLhttp://itunes.apple.com/jp/app/id385051020


縦横最大7.5cmまで、柔軟なサイズ指定が可能

 就職活動中などは証明写真を複数準備しておく必要があるが、そういう時期を除くと、ふだんの生活で証明写真が必要になるシーンはかなり少ない。そのため、証明写真の用意がない状態で、突然、会員証や証明書用に、指定サイズの証明写真の提出を求められて慌てることがある。画像データでOKならメール添付で送れるが、まだまだ紙の写真を必要とする場面は残されている。しかし、せっかくお金をかけて用意しても、1カットしか使わないというのもありがちなパターンだ。特に、体型や風貌の変化が激しい方なら、もったいないと思うのも当然である。

 そこで便利なのが「証明写真」だ。これは、既存の写真、またはiPhoneのカメラで撮影した写真を使って、L判の証明写真データを作成できるアプリである。

 対応するサイズは、履歴書(3.0×4.0)、パスポート(3.5×4.5)、taspo申請(3.5×4.5)、運転免許(2.4×3.0)、実用英語検定(3.0×3.0)、学生証(2.4×3.0)、漢字検定試験(3.0×4.0)、アメリカビザ(5.0×5.0)などの代表的なものに加え、その他として、国家公務員、情報処理技術者、簿記検定、アマチュア無線免許など、バラエティに富んだ資格が90種以上用意されている。欲しい証明写真の名前でサイズを指定できるのはありがたい。該当するものがない場合は、任意のサイズを指定することも可能だ。

 実際に作成するときは、まず、欲しい証明写真のタイプまたはサイズを指定する。するとテンプレートが表示されるので、「カメラ」または「写真アルバム」のどちらかを選んで写真を取り込む。枠が表示されるので、「カメラ」撮影の場合は、その枠に収まるように位置を調整し、「写真アルバム」から選ぶ場合は、枠に合うサイズになるよう拡大縮小などで調整する。写真と位置が決まったら、右上の「保存」をタップすれば準備は完了だ。データはカメラロールに保存されるので、あとはL判で印刷するだけである。

証明写真 「パスポート」を選択 「写真アルバム」から証明写真に使いたい写真を選び、枠に合わせてサイズを調整
「パスポート」に写真が配置された状態 「保存」を選択すれば準備完了 カメラロールに保存されたデータ

 出先で作成する場合や、自宅にプリンタがない場合は、前回ご紹介した「netprint」を活用しよう。自宅のプリンタで印刷する場合は、作成したデータをパソコンに取り込めばよい。所有するプリンターのメーカーが、iPhone用に印刷用のアプリをリリースしている場合や、お手持ちのプリンタが「AirPrint」に対応しているときは、iPhoneからワイヤレスで印刷できるのでお試しいただきたい。

 ちなみに、写真を自分で撮影する場合、気になるのは背景だろう。今いる場所で手軽に自分撮りし、それを無地の背景に合わせて使えたらと考えるのは当然だ。しかし、残念ながら、このアプリで背景処理はできないので注意が必要だ。あらかじめ明るい壁を探して撮影するか、証明写真として使える写真を事前に用意しておき、必要に応じてプリントする、という方法がお勧めだ。

キヤノンのアプリ「Easy-PhotoPrint for iPhone」で印刷している例 メニューの「その他」には、さらに多彩なサイズが並ぶ 直接サイズを指定できる 左は自宅のプリンタ、右は写真のサイズを変えて「netprint」を使って印刷した例



関連情報

2012/2/29 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。カメラを中心にガジェットを好む。趣味は写真と料理。
主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。ど。