ビジネスに役立つiPhoneアプリ

iPhoneで傾きが分かる「水平器&水準器」

アプリ名 水平器&水準器(Ver.2.2.1)
こんなときに 設置した台が傾いていないかどうかすぐ確かめたい
価格 無料
配布 Tatsuki Sasaki (C) Tatsuki
URL https://itunes.apple.com/jp/app/shui-ping-qi-shui-zhun-qi/id558393386?mt=8

iPhoneが水準器に早変わり

 筆者がかつて住んでいたのは、場所によって床の傾き微妙に異なるという非常に古い部屋であった。ゆえに写真撮影では、三脚の水準器でカメラを水平に保てても、被写体を置いたテーブルが微妙に傾いているという問題があった。丸いものを置くと確かに転がるのだが、テーブルを水平に補正するのに都度転がすのは手間である。そんなときスマートフォンで計れたらと思ったのだが、まさにそんなニーズを満たしてくれるアプリがある。

水平器&水準器

 「水平器&水準器」は、その名の通りiPhoneで面の角度や傾斜が確認できるようになるアプリだ。よく緑の気泡入りの水準器があるが、あの機能をiPhoneのセンサーで実現したものとなる。シンプルなデザインで、平面置きだけでなく、縦置き、横置きでも使えるようになっているのが特徴。現在の状態を基準とするキャリブレーション機能や、表示を固定するホールド機能も備えている。

 使い方は見た目同様に非常にシンプルで、アプリを起動したら確認したい場所に端末を置くだけだ。線の中央に丸がピッタリ収まればOKなので、直感的に確認できる。動きもとてもなめらかなので、微妙な傾きも分かりやすい。角度も0.1度単位で数値として確認できるので、どれくらい傾いているのかを調べたいという時にも活用できる。筆者のようなケースは極端かもしれないが、壁掛けなどで水平を確認できたら便利という場面でも役立つのではないだろうか。

 起動時のデザインは青いのだが、水準器でお馴染みの蛍光グリーンがいいという方は「デザイン変更」で色を変えてみよう。アイコンをタップするたびに、青、水色、グレー、黄緑と変化する。

「ホールド」をタップするとそこで画面が固定されるため、動かしても変わらなくなる
端末を置いて「キャリブレーション」をタップすると、その状態を基準にできる
4色ではあるが、色も変えられる

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。