記事検索

Adobe、オンラインサービス「Acrobat.com」正式版を開始


Acrobat.com

 米Adobe Systemsは15日、オンラインで文書の作成や共有ができる「Acrobat.com」を、正式版サービスとして開始した。

 「Acrobat.com」は、2008年6月にパブリックベータ版として公開され、オンラインワープロ「Adobe Buzzword」や、Web会議システム「Adobe ConnectNow」などのサービスが提供されている。

 Adobeでは、正式版の開始に合わせて有料版サービスの提供を開始。有料版サービスは北米のみで提供され、「Premium Basic」サービスは月額14.99ドルまたは年額149ドルで、5人までのWeb会議と月10件までの文書のPDF変換が可能。「Premium Plus」は月額39ドルまたは年額390ドルで、20人までのWeb会議と無制限のPDF変換が可能となる。無料サービスでは、3人までのWeb会議と5件までのPDF変換が可能。

 また、15日には新たにオンライン表計算アプリケーション「Adobe Tables」のベータ版も公開。Acrobat.comではさらに、リアルタイム文書共有ツールの拡大や、インターフェイスのシンプル化、モバイルアクセスの対応、Adobe製品やOutlookなどデスクトップアプリケーションとの統合強化などに取り組んでいくとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/6/16 13:05

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.