記事検索

Gmail、ラベルのドラッグ&ドロップなど新UIを公開


Gmailにラベルのドラッグ&ドロップ機能などが追加

 米Googleは1日、Gmailのラベル機能に関するユーザーインターフェイスを改良した。

 Gmailのラベルはこれまで、左ペインのボックスにまとめて表示されていたが、新しいユーザーインターフェイスでは「受信トレイ」「送信済みメール」などのすぐ下に表示されるようになった。

 また、デフォルトで表示するラベルはよく使用するラベルのみとなり、使用頻度の低いラベルは「他12個」といった形で表示するようになった。隠されたラベルは、ドロップダウンリストですぐに表示させることができる。

 ラベルの付け方も改善された。新しいユーザーインターフェイスでは、メールの一覧画面からメッセージをラベルの上にドラッグ&ドロップすることで、ラベル付けとアーカイブを一度に行える。逆に、ラベルをメッセージの上にドラッグ&ドロップすることで、ラベル付けを行うこともできる。

 Googleでは、この新しいユーザーインターフェイスを、米国時間の7月1日中には全ユーザーが利用できるようにしていくとしている。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/7/2 12:43

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.