記事検索

GoogleのEric Schmidt CEOがApple取締役を辞任、米FTCも調査


GoogleのEric Schmidt CEO

 米Appleは3日、米GoogleのCEOであるEric Schmidt氏がAppleの取締役を辞任したと発表した。Schmidt氏は2006年8月以来、Appleの取締役を務めていた。

 Appleは辞任の理由について、「GoogleがAndroid、そして今やChrome OSによって、Appleのコアビジネスにますます入ってくるにようになり、残念なことにEricのApple取締役としての有能さが著しく減少してしまうことになった。なぜなら、彼は両社の潜在的競合関係によって、ますます多くの会合を忌避せざるを得なくなったからだ。したがって我々双方は、今こそEricがApple取締役会の立場を辞する最適の時だと判断した」とコメントしている。

 GoogleとAppleには競合する製品がますます増えている。AppleのiPhone OSに対してGoogleはAndroid OSを開発、またAppleのMac OS Xに対して、GoogleはChrome OS開発を表明している。

 それだけでなく、先週には、Googleの電話サービス用アプリケーション「Google Voice」がApp Storeから登録を却下されたことが明らかになった。どのような経緯でこの出来事が起こったのか公には明らかにされていないが、米国では連邦通信委員会(FCC)がこの件に関して調査を行っていると報じられている。今回の辞任劇はこの出来事の直後に発生している。

 さらにSchmidt氏の辞任直後に、米連邦取引委員会(FTC)が声明を発表した。それによると、「我々は、GoogleとAppleの重複取締役問題を、ある期間にわたって調査してきており、GoogleとAppleがますます競争関係を強めるにつれて、取締役を共有することが競合関係の問題を引き起こすことを認識するよう勧告してきた。我々は両社の間に残る重複取締役問題を引き続き調査する」としている。

 連邦取引委員会のこの声明により、調査は今後も続くことが明らかになった。同委員会は米国の独占禁止法や消費者保護問題を取り扱う委員会だ。

 また、現時点でもバイオベンチャーの米GenentecのCEOであるArthur Levinson氏はApple、Google双方の取締役を務めている。それだけでなく、米国元副大統領のAl Gore氏はAppleの取締役と、Googleのシニアアドバイザーを務めている。さらにGore氏がパートナーを務める大手ベンチャーキャピタルのKleiner Perkinsは、Apple、Google双方と深い関係を持っている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/8/4 12:45

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.