記事検索

ニュースサイト有料化で「読まなくなる」が9割、アイシェア調査


無料のニュースサイトがもし有料になった場合、利用料を払ってニュース購読を続けたいと思いますか?

 アイシェアは31日、無料のニュースサイトが有料化した場合の読者の反応に関する意識調査の結果を公表した。調査は8月7日から12日まで、同社のメール転送サービスの会員592人を対象に実施した。

 今回の調査では、米国のメディア大手であるNews CorporationのCEOを務めるルパート・マードック氏が、傘下に持つニュースサイトを1年以内に有料化すると発言したことを受け、日本でも同様のことが起こった場合のネットユーザーの反応を聞いた。

 無料のニュースサイトを見ていると答えた525人に対して、有料化したニュースサイトの購読を続けるかどうかを尋ねたところ、69.7%が「続けたくない」と回答。「どちらかというと続けたくない」(26.3%)をあわせると、96.0%と9割以上が「続けたくない」と答えた。

 また、News Corporationが傘下のニュースサイトを有料化するという試みに対する印象としては、「利用料が発生するのは好ましくない」(33.1%)が最も多く、次いで「新しい読者が増えなそう」(26.0%)と、大半が有料化に否定的な見解を示した。

 一方、肯定的な意見としては「記事の質が良くなりそう」(6.7%)、「正確な情報が得られそう」(3.0%)、「情報量が豊富になりそう」(3.0%)などが挙げられたが、いずれも10%未満にとどまった。


関連情報

(増田 覚)

2009/8/31 17:35

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.