記事検索

「Google Docs Viewer」で、PDFなどブログへ埋め込み表示可能に


「Google Docs Viewer」によるPDFファイルの表示例(Google Docs公式ブログより)

 米Googleは24日、「Google Docs Viewer」を使って、PDFやPowerPoint、TIFFドキュメントをブログやWebサイトへ埋め込み表示する機能の提供を開始したと発表した。

 「Google Docs Viewer」のサイトで、ドキュメントのURLを入力するだけで、埋め込み用のHTMLタグなどが生成される。これをブログなどに貼り付ければ、ページ内に「Google Docs Viewer」が表示され、その中でPDFファイルなどを閲覧できるようになる。この機能を利用すると、そのページの閲覧者がPDFファイルをダウンロードしたり、ブラウザにプラグインをインストールする必要がなくなる。

 同様のサービスは、ドキュメント共有サービスの米Scribdなどがすでに提供しているが、Googleのユーザーにとっては使い慣れたサービスで利用できるメリットがあるだろう。

 Googleは昨年、「Google Docs」でPDFに対応し、「Gmail」からもPDFを閲覧できるようにしたほか、PowerPointやTIFFファイルにも対応していた。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/9/25 12:01

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.