記事検索

「Google Buzz」はカジュアルな会話を楽しむ場、グーグル説明会


 グーグルは10日、Webメールサービス「Gmail」で新たに開始したソーシャルネットワーク機能「Google Buzz(バズ)」に関する説明会を開催した。「Google Buzz」は、数日中にGmailの全アカウントで利用が可能になる予定。

 今回開始した「Google Buzz」は、Gmailの一機能という位置付けだ。グーグルの倉岡寛検索担当プロダクトマネージャーは、「Gmailではチャットやビデオチャットのように、コミュニケーションスタイルの変化に応じて機能を追加してきた」と説明。「最近ではカジュアルなコミュニケーションツールとしてマイクロブログがあるが、『Google Buzz』もライフスタイルに合わせた機能として提供するもの」だという。


グーグルの倉岡氏 Google Buzz

 倉岡氏はまた、「以前からWebの中でソーシャルが重要だと言われており、GoogleでもorkutやOpenSocial、Friend Connectなどを通じて、Webのソーシャル化に力を入れてきた」とコメント。その上で、「Google Buzz」はWebのソーシャル化を目指した新たな取り組みだとした。なお、Googleでは次世代コミュニケーションプラットフォームとして「Google Wave」を開発しているが、倉岡氏は「『Google Buzz』はカジュアルな会話を楽しむ場で、『Google Wave』は共同で作業を進めていくプロダクトになる」と、それぞれに特徴が異なる点を説明した。

 「Google Buzz」では、ユーザーが投稿したコメントのことを「Buzz(バズ)」と呼んでいる。倉岡氏は、特徴の1つとしてコメントに対する返信などを、スレッドのようにひとかたまりで表示することができると説明。加えて、YouTube動画や写真を画面遷移することなく表示できる点を上げ、「『Google Buzz』はリアルタイムで臨場感がある」と述べた。

 外部サービスとの連携では、TwitterやFlickrなどの更新情報を取得して、「Google Buzz」上で通知することができる。一方、「Google Buzz」に投稿したコメントは現時点でTwitterなどに反映することはできないが、倉岡氏は「Googleのミッションとして、Webをオープンにしようと取り組んでおり、今後対応を考えていきたい」と語った。


YouTubeの動画を再生可能 写真を表示したところ TwitterやFlickrなどの更新情報も取得できる

 コメント投稿に関しては、すべてのユーザーが閲覧できる「一般公開」と、指定ユーザーにのみ公開する「限定公開」が選択できる。「一般公開」したコメントは、「Google Buzz」の利用開始時に設定したプロフィールページ「Googleプロフィール」上で公開される。また、米国で提供するリアルタイム検索の対象にも含まれる。リアルタイム検索機能に関しては、日本でも近日中に提供する予定という。

 フォロー機能については、Gmailを使ってメールやチャットをしている友人などの他ユーザーを自動でフォローする機能を用意。また、メールアドレスやユーザー名を検索して手動でフォローできるほか、「Googleプロフィール」からもフォローが可能だ。このほか、友人の友人など直接自分と関連がないユーザーを「おすすめバズ」として表示する機能も用意する。なお、自分をフォローするユーザーをブロックできる機能も備えている。

 スマートフォンからの利用も可能で、現時点でiPhoneとAndroid向けのWebアプリケーションを提供している。GPSなどで取得した位置情報を取得してメッセージを投稿できるほか、Androidでは地図上に「Google Buzz」に投稿されたコメントも表示可能だ。なお、Androidでは「2.0」以降でのみWebアプリケーション版の利用が可能で、それ以前のバージョンではGmailから「Google Buzz」を利用できる。

 スマートフォン以外の携帯電話への対応に関して井上陸アソシエイトプロダクトマネージャーは、「『Google Buzz』はJava Scriptを使ってリアルタイムな動作が可能な機種ではなければ、満足な環境を提供できない」と説明。このため、「検討はしているが具体的な対応時期は未定」だと述べた。


コメントは一般および限定公開の指定が可能 一般公開したコメントは、「Googleプロフィール」に表示される Gmailの受信トレイに新着コメントも通知される

Gmailでメールなどをやり取りする他ユーザーを自動フォローする機能も用意 名前やメールアドレスによるユーザー検索も可能だ iPhoneやAndroidからも利用できる

関連情報


(村松 健至)

2010/2/10 16:27