記事検索

さくらのレンタルサーバ、料金据え置きで容量を最大4倍に


 さくらインターネットは、共用ホスティングサービス「さくらのレンタルサーバ」およびメールサービス「さくらのメールボックス」のプラン改定を3月30日に実施。月額料金据え置きで、ディスク容量を最大4倍に増やす。

 「さくらのレンタルサーバ」では、月額125円(年額1500円の一括払い)の「ライト」プランで従来比2倍の1GBに、月額500円の「スタンダード」プランで3.3倍の10GBに、月額1500円の「プレミアム」プランで4倍の40GBに、月額2500円の「ビジネス」プランで4倍の80GBに、月額4500円の「ビジネスプロ」プランは3.8倍の150GBにそれぞれ容量を増強する。

 「さくらのメールボックス」では、月額83円(年額1000円の一括払い)の料金のまま、従来比3.3倍の1GBへと容量を増強する。

 さくらインターネットでは合わせて、「さくらのレンタルサーバ」およびホスティングサービス「さくらのマネージドサーバ Atomプラン」で、コントロールパネル上からCMSやブログなどのアプリケーションをインストールできる「クイックインストール」機能を追加する。

 対象アプリケーションは、掲示板CGIやフォームメールCGI、カウンターCGI、日記CGI。また、「さくらのレンタルサーバ」のライトプラン以外では、Movable Type Open SourceやWordPress、XOOPS Cubeにも対応する。


関連情報


(村松 健至)

2010/3/16 13:17