記事検索

Twitter、スパムを半年で約10分の1に減少させることに成功


全ツイートに占めるスパムの割合(Twitter公式ブログより)

 米Twitterは23日、同社のスパム対策の成果を公表した。

 公表したグラフによると、Twitterのスパムは2009年春から夏にかけてピークを迎え、2009年8月頃には全ツイートの10%以上を占める日もあった。しかし、Twitterの開発研究チームの対策により、2010年2月にはスパム量は全体の1%にまで減少。半年でスパムを約10分の1に減らすことに成功した。

 Twitter人気の高まりに伴ってスパマーも増加しており、Twitterでは対策を続けている。Twitterではユーザーに対して、スパムに気付いた場合には送信者のプロフィールページから「スパム報告する」のリンクをクリックするか、「@spam」宛につぶやくなど、協力を要請している。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/3/24 12:13