記事検索

Apple、モバイル広告ネットワーク「iAd」を7月1日スタート


 米Appleは、モバイル広告ネットワーク「iAd」のサービスを7月1日に開始する。6月24日に発売される「iPhone 4」や既存のiPhone、iPod touchなど、「iOS 4(旧iPhone OS 4)」が動作する端末向けに広告を配信する。

 iAdは、iPhoneなどのアプリ内に組み込む形で広告を配信するサービス。iPhone 4/3GS/3Gおよび第2・第3世代のiPod touchで動作する。広告販売とサービス運営はAppleが行い、アプリ開発者には広告収益の60%が支払われる仕組み。

 Appleではすでに、2010年度のiAd出稿契約を6000万ドル以上獲得しており、この数字は2010年下半期分として予測される米国内のモバイル広告費合計の約50%にあたるとしている。

 iAdスタート時点では、AT&T、Best Buy、Campbell Soup Company、Chanel、Citi、 DirecTV、GEICO、GE、JCPenney、Liberty Mutual Group、Nissan、Sears、State Farm、Target、Turner Broadcasting System、Unilever、The Walt Disney Studiosなどの広告が配信される。


関連情報

(増田 覚)

2010/6/8 15:18