記事検索

「Firefox 3.6.4」公開、プラグインがクラッシュしても落ちない新機能


 米Mozillaは22日、Webブラウザーの最新バージョンとなる「Firefox 3.6.4」を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版があり、日本語版も用意されている。ただし、新機能のサードパーティプラグインクラッシュ保護機能は、Windows版とLinux版のみとなる。また、今回のアップデートでは、7件の脆弱性を修正するとともに安定性に関する複数の問題も修正されている。

 Firefox 3.6.4では、Flash、QuickTime、Silverlightのプラグインが動作しているページで、それらのプラグインがクラッシュした場合、そのページの一部分の動作を止めるだけで、ブラウザー自体は動作し続けられるように保護する。プラグインを含むページのコンテンツは、そのページを再読み込みすることで、再び動作させることができる。


Firefox 3.6.4のサードパーティプラグインクラッシュ保護機能(Mozilla Developer公式ブログより画像転載)

 Mozillaでは、すべてのサードパーティ製プラグインに対して同様のクラッシュ保護機能を提供したい考えだ。しかし今回のバージョンでは、この3つのプラグインに対してのみ機能が提供される。

 Mac OS X版にこの機能が提供されない理由は、設計に大きな変更が必要になるためだとしている。Mac OS X版にこの機能が提供される最初のバージョンは、Firefox 4になるという。

 また、この機能はFirefox 3.5以下の古いバージョンには提供されない。そのため、Firefoxの全ユーザーが最新版のFirefox 3.6.4にアップデートすることを勧めている。Mozillaによると、Firefoxに発生する全クラッシュの約3分の1がサードパーティ製プラグインによるものと見ており、この機能を重要視している。

 Firefox 3.6.4は、いわゆるセキュリティや安定性を向上するためのアップデートであり、通常は新機能を搭載することはない。しかし、クラッシュ保護機能は、安定性を著しく向上させるものであり、できるだけ早く新機能や改良をユーザーに届けるため、あえて搭載することにしたと説明している。

 Firefox 3.6.4にアップデートするには、「ヘルプ」メニューから「ソフトウェアの更新」を選択するか、Firefoxのウェブサイトから最新版をダウンロードしてインストールすればよい。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/6/23 11:42