記事検索

Googleマップ、45度から見た航空写真を一部地域で公開開始


 米Googleは9日、世界の一部地域で、45度の角度から撮影した航空写真の配信を開始した。

 この画像が用意されているのは、現時点では米国、欧州、南アフリカのごく一部の地域だ。見られる地域の一覧は、Googleマップで公開されている。

 これらの地域では、ズームインを続けていくと、最終的に45度から見た航空写真が表示されるようになる。

 この機能は数カ月前に、開発者向けにGoogle Maps APIを通して提供され始めた。その後、Google Maps Labsの実験的な機能として提供された。。今回は、全ユーザーがGoogleマップから対応地域で見られるようになっている。

 Googleでは、今後数カ月かけて対応地域を増やしていきたい考えだ。なお同様の機能は、米MicrosoftのBing Mapsでは既に「概観図」または「Bird's Eye View」として提供されており、日本国内の一部地域でも見ることができる。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/7/12 09:04