記事検索

楽天、中国でショッピングモール「楽酷天」オープン、約2000店が出店


「楽酷天」トップページ

 楽天株式会社は19日、インターネットショッピングモール「楽酷天」を中国で開業したと発表した。「楽酷天」は「らくてん」と読む。「酷」は英語の「Cool」に由来する言葉で、「格好いい」という意味合いを含む。

 日本の「楽天市場」と同様のB2B2C型のインターネットショッピングモールで、オープン時点で約2000店舗が出店。服飾、アクセサリー、家具、家電、デジタル機器、ベビー用品、化粧品になどを販売している。トップページには「日本商品」を専用に扱うコーナーへのタブも用意されている。

 楽酷天は、中国Baiduとの合弁事業で、楽天が51%、Baiduが49%出資する。楽天では売り上げや店舗数などについて具体的な目標値は示していないが、近い将来、日本の楽天に匹敵する規模にしたいとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2010/10/19 12:21