記事検索

Facebook、メールやIMなどを統合した「Messages」を発表


「Messages」の画面
モバイル版の画面

 米Facebookは15日、新たなコミュニケーションツール「Messages」を発表した。チャットやメールなどの各種メッセージを一元的に利用できるサービスで、ユーザーに対しては「@facebook.com」形式のメールアドレスが提供される。

 「Messages」は、SMSやチャット、メール、インスタントメッセージ(IM)など、友人とのメッセージのやりとりを一元的に行えるサービス。「@facebook.com」形式のメールアドレスも提供されるが、公式ブログでは「Messagesはメールではない」と説明。メッセージは相手に合わせて適切な送信方法が選択されるため、ユーザーにとっては相手の名前を選んでメッセージを入力するだけでメッセージが送信でき、「SubjectやCC、BCCといった項目は無く、メッセージを送りたい場合にはエンターキーを押すだけでいい」としている。

 メッセージは「Social Inbox」という形式で、相手ごとにまとめた形で表示される。標準設定では、友人の友人までのメッセージが表示され、その他のユーザーからのメッセージは「Other」フォルダーに分類されるが、操作によりInboxに移動することもできる。

 Facebookでは、Messagesの機能を段階的に提供しており、今後数カ月で全ユーザーが利用できるようになる予定。現在は招待制のサービスとなっており、既にMessagesを利用しているユーザーから招待を受けたユーザーのみが利用できる。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/11/16 12:28