記事検索

Twitterクライアント「TweetMe AIR版(仮称)」12月にリリース


「TweetMe AIR版(仮称)」の画面構成

 株式会社フライトシステムコンサルティングは18日、PC用Twitterクライアント「TweetMe AIR版(仮称)」を12月にリリースすると発表した。同社がすでに提供している「TweetMe for iPhone」の機能を継承するとともに、ToDoサービスや位置情報関連サービスなど、他社のクラウドサービスと連携する機能を実装する。

 「TweetMe AIR版(仮称)」は、TweetDeckやHootSuiteのようなマルチカラム画面を採用。Twitterのタイムラインに表示されたツイートの内容に応じて、各種クラウドサービスと連携するウィジェットが右端のカラムに表示される。例えば、日時に関するツイートがあれば「Googleカレンダー」が表示され、そこからスケジュールとして登録できる。

 現在、連携を予定しているのは、Googleカレンダーのほか、株式会社ヌーラボが提供するToDoサービス「Backlog」、株式会社関心空間の位置情報活用サービス「ランブリン」、株式会社KIZNAが近くリリースするTwitterの機能補足サービス「Kizna」。こうした外部サービスとの連携機能は、「TweetMe AIR版(仮称)」の有料オプションとして提供する。

 なお、「TweetMe for iPhone」では、ツイートやタイムライン、Twitterの検索結果をワンクリックでEvernoteに保存できる機能があるが、「TweetMe AIR版(仮称)」でも、基本機能で無料で利用できる。

 このほか、FacebookやMySpaceとの連携機能も来年以降、提供する予定だという。


連携サービス例 課金方法

 ちなみに、「TweetMe AIR版(仮称)」という名称は本当に仮のものであり、名称は変更される予定だ。フライトシステムコンサルティングの杉山隆志取締役によると、FacebookやMySpaceの機能も盛り込むと、ライセンスの関係によりTwitterやTweetという単語を製品名に使えなくなるのだそうだ。

 杉山取締役は「TweetMe」の今後のプラットフォーム展開についても明らかにした。国内向けのiPhone版は今後も無料で提供していく一方、世界向けのiPhone版を有料で提供開始する予定。また、次はiPad版をリリースし、さらに来年にAndroid版をリリースする。これらは、広告を表示するライト機能版を無料で提供する一方で、フル機能版を有料で提供する。iPad版が500〜600円程度、Android版が300〜400円程度になるという。


フライトシステムコンサルティングの片山圭一朗代表取締役社長 フライトシステムコンサルティングの杉山隆志取締役




関連情報


(永沢 茂)

2010/11/18 16:25