記事検索

au契約情報で年齢認証、SNS大手3社に年齢確認サービス


 KDDI、沖縄セルラーは、au携帯電話の契約情報を使ってコンテンツ利用者の年齢認証を行う「年齢確認サービス」を1月下旬以降に提供する。「au one GREE」や「mixi」「モバゲータウン」といったSNSなどで順次対応予定。

 「年齢確認サービス」は、年齢確認対応のコンテンツを利用する際にパスワード入力によって、auの契約情報を使って年齢認証するサービス。KDDIでは、コンテンツ提供会社が年齢情報を活用することで、成人・未成年に関わらず、より安心・安全にサービスが利用できるとしている。

 なお、KDDIからコンテンツ配信社には、au携帯電話の契約時の生年月日情報をもとに、コンテンツ配信社指定の年齢以上か未満かの情報が送信される。生年月日はユーザーの年齢は送信されない。利用登録されている場合は、年齢情報が通知される。

 1月下旬より「au one GREE」、2月より「mixi」、3月以降に「モバゲータウン」にて導入される予定。


関連情報

(津田 啓夢)

2011/1/19 17:46