記事検索

「Google Chrome 9」安定版、3D描画技術「WebGL」をサポート


 米Googleは3日、ウェブブラウザー「Google Chrome」の最新安定版となるバージョン「9.0.597.84」を公開した。Windows版、Mac版、Linux版があり、それぞれ無料でダウンロードできる。

 機能面ではWebGLをサポートし、ハードウェアアクセラレーションを活用した3Dグラフィックの表示が可能となった。これにより、ブラウザーに専用のソフトウェアをインストールせずに、3Dグラフィックが閲覧できるようになる。

 また、頻繁に訪問するウェブサイトのURLをアドレスバー(Omnibox)に入力すると、エンターキーをクリックしなくてもそのウェブページを読み込む「Chrome Instant」にも対応した。

 Chrome Instantを利用するには、ブラウザーのレンチアイコンの「オプション」をクリックし、「基本設定」の「検索」セクションから「インスタント検索を有効にして検索や閲覧を高速化する」のチェックボックスを有効にする。

 このほか、米国内のすべてのユーザーを対象に、ウェブアプリケーションのマーケットプレイス「Chrome Web Store」を公開したことを発表した。

 セキュリティ面では、9件の脆弱性が修正された。脆弱性の内訳は、危険度のレーティングが4段階中で最も高い“Critical”が1件あるほか、2番目の“High”が2件、4番目の“Low”が6件となっている。


関連情報

(増田 覚)

2011/2/4 16:02