記事検索

サイバー犯罪検挙数、不正アクセスが減り、わいせつ物・児童ポルノなど増加


 警察庁は3日、2010年中のサイバー犯罪の検挙状況をとりまとめた。検挙件数は6933件で、前年より3.6%(243件)増加。サイバー犯罪の統計をとりはじめてから過去最多となった。

 不正アクセス禁止法違反は1601件で、前年より36.8%(933件)減少した。これは、2009年に「Yahoo!オークション詐欺・イーバンク銀行不正送金事件」での大量摘発により、不正アクセス禁止法違反の検挙数が年間2534件と一時的に増加していたことが背景にあるが、それでも前々年2008年の1740件よりも減少している。

 一方、ネットワーク利用事犯は5199件と、31.3%(1238件)増加した。ネットワーク利用事犯のうち、依然として多いのは詐欺で1566件。前年から22.3%(286件)増加している。わいせつ物頒布等及び児童ポルノ事犯は1001件で、54.7%(354件)増加。また、著作権法違反も368件で、95.7%(180件)増という大きな増加率を示している。

 警察庁では3日、不正アクセスの発生状況についてとりまとめた報告書も国家公安委員会、経済産業大臣、総務大臣の連名により発表している。これによると、検挙した不正アクセス事犯の手口は、フィッシングサイトを開設してID・パスワードを入手したものが1411件と、前年に引き続き最も多かった。


関連情報


(永沢 茂)

2011/3/4 14:54