記事検索

SkypeとMSN Messengerを使って、外国人被災者向けの無料24時間通訳サービス


 株式会社アシーマは14日、東北地方太平洋沖地震の被災地にいる外国人観光客や外国人居住者向けに、SkypeとMSN Messengerの音声通話およびチャット機能を使った24時間ホットライン/通訳サービスの無償提供を開始したと発表した。現在の対象言語は英語。

 避難場所、食料配給場所、医療所、安否情報などの最新情報を英語で提供するほか、外国人が避難先職員や被災地の人とやりとりする際の通訳も行う。

 利用するには、Skypeの場合、Skype ID「acimacorporation」にコンタクト追加リクエストを送信する。MSN Messengerの場合は、「acima@hotmail.co.jp」を追加する。接続語、英語で質問や通訳の依頼を行える。

 SkypeやMSN Messengerのアカウントを持っていない人のために、被災者ログイン用アカウントも用意した。SkypeはIDが「acima_guest」、パスワードが「acima123」。MSN Messengerは「acima_guest@hotmail.co.jp」、パスワードが「acima123」。

 アシーマでは、このサービスの多言語対応に協力してくれる通訳ボランティアを
募集している。対象言語は、英語に加えて、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語、広東語、ポルトガル語、ロシア語、インドネシア語、ヒンディー語、マレー語など。できるだけ多くの言語に対応したいとしている。


関連情報

(永沢 茂)

2011/3/15 10:40