記事検索

OKWave、東北地方太平洋沖地震の被災者向けに医療相談サイト開設


 「OKWave」などのQ&Aサイトを運営する株式会社オウケイウェイヴと、医療情報専門サイト「CareNet.com」を運営する株式会社ケアネットは15日、東北地方太平洋沖地震の被災者向けに、医師などに医療相談できるサイト「OKWave×CareNet緊急医療相談サイト」を共同で開設したと発表した。かかりつけの病院が被災してしまっていたり、体調不良だがどこで受診したらいいかわからない時に、診察を受ける前にサイト上で気軽に相談できるとしている。閲覧・質問はすべて無料だが、質問には無料の会員登録が必要。

 Q&Aサイト「OKWave」では、「医療相談」カテゴリーを開設。寄せられた相談には、CareNet.com登録会員である医師・医療従事者が回答・助言する。なお、サイト上で診断・医療行為そのものを行うサービスではないとしている。

 Twitter連動Q&Aサイト「おけったー」では、気軽に相談が可能。CareNet.com登録会員の医師・医療従事者の回答とともに、おけったーを利用するTwitterユーザー同士で病院などの地域情報も交換できるとしている。

 さらに国際ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」では、外国人向けに20言語で医療・健康相談を受け付ける。医師・医療従事者からの回答は日本語だが、これをARIGATOユーザー同士によって翻訳する仕組み。


関連情報


(永沢 茂)

2011/3/15 17:02