記事検索

goo、RSSリーダーと動画共有のサービスを終了


2004年9月公開当時の「goo RSSリーダー」

 NTTレゾナント株式会社が運営するポータルサイト「goo」は1日、「goo RSSリーダー」のサービスを終了すると発表した。ウェブ版、ケータイ版、アプリ版が対象で、いずれも新規利用者登録や製品版ファイルの配布を停止。5月31日にはオンラインでのサービスやサポートも終了する。また、動画共有サービス「goo ClipLife」の終了も同時に発表された。

 goo RSSリーダーは、2004年9月28日に提供を開始。当初はWindows用アプリケーションとしてリリースされたが、ブラウザー上で利用可能なウェブ版や携帯電話対応版がその後公開された。

 ウェブ版、ケータイ版はともに新規利用登録の受付が1日付で終了する。利用者向けにはすでに、RSS登録サイト一覧であるOPMLファイルのバックアップ方法を案内している。5月31日にはサービスが完全に終了する予定。

 アプリ版は3月31日に製品提供および追加有料機能の販売を停止した。一部の機能を除き、ユーザーの責任において継続利用することは可能だが、5月31日をサポート期限とし、以後は問い合わせ受付を停止する。

 動画共有サービス「goo ClipLife」は、2006年8月にNTT(持ち株会社)がトライアルとして開始。以後、NTTレゾナントを通じて運営されていた。4月1日17時にまず新規ユーザー登録の受付を終了。すでに投稿したデータの閲覧、編集、バックアップは以後も行えるが、5月31日のサービス終了以降はアクセスできなくなる。


関連情報


(森田 秀一)

2011/4/1 14:45