記事検索

被災地で保護された犬と猫の情報を掲載、「MSN ペットサーチ」提供開始


MSN ペットサーチ

 日本マイクロソフト株式会社は14日、ポータルサイト「MSN」において、「MSN ペットサーチ」の提供を開始した。東日本大震災で被災してペットと離れ離れになった飼い主が、自分のペットが保護されていないか検索できる。対象となるのは犬と猫で、他の動物は検討中。

 財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本愛玩動物協会、社団法人日本動物福祉協会、社団法人日本獣医師会で構成される「緊急災害時動物救援本部」との連携により提供するもの。同本部や各自治体、獣医師会に対して事前に日本マイクロソフトからIDを付与し、各団体が保護している動物の写真、性別、保護された場所などの情報を投稿してもらう仕組み。MSN ペットサーチで自分のペットを見つけた飼い主は、そのペットを保護している団体にメールで連絡すればよい。

 元の飼い主を探しているペットのほか、飼い主を失ったり、飼い主の被災により飼えなくなったペットについても情報を掲載している。新しい飼い主になりたい希望者は、同様に各団体に連絡する流れとなる。なお、新しい飼い主に引き取られた場合でも、「新しい飼い主に引き取られました」と付記した上で、継続してMSN ペットサーチ上に情報を掲載しておく。


関連情報


(永沢 茂)

2011/4/14 11:57