記事検索

iPhoneの位置情報記録についてAppleが見解、「バグ」を修正すると説明


 米Appleは27日、iPhoneが定期的に端末の位置情報を記録してファイルに蓄積し続けているという指摘を受け、この問題に関するQ&Aを公開した。

 Appleでは、指摘されたファイルはユーザーの位置情報を記録しているのではなく、Wi-Fiホットスポットと携帯電話基地局のデータベースを保持しているもので、これらのデータは膨大ですべてがiPhoneには入りきらないため、必要な部分のデータだけが保存されていると説明。ただし、このデータが大量に保存されている点については「バグだった」として、近日中に修正を行うとしている。

 また、ユーザーがiPhoneのロケーションサービスを無効にしている場合にも、Wi-Fiホットスポットと携帯電話基地局のデータを更新している点についてもバグだったとして、同様に近日中に修正を行うとしている。

 iPhoneからは、ロケーションデータベースの更新のために、Wi-Fiホットスポットと携帯電話基地局の情報をジオタグとともに送信しているが、このデータは匿名化・暗号化して送信しているため、Appleでもこのデータからユーザーは特定できないと説明。ロケーションデータの他には、現時点では交通情報をiPhoneから匿名の形で収集しており、今後数年でこのデータを活用したサービスを提供する予定だとした。

 Appleでは、iPhone上にキャッシュされるWi-Fiホットスポットと携帯電話基地局のデータベースのサイズを縮小するとともに、キャッシュのバックアップを停止、ロケーションサービス機能を無効化している場合にはキャッシュを削除する対応を、iOSのアップデートで行うと説明。また、iOSの次のメジャーアップデートでは、キャッシュを暗号化するとしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/4/28 14:19